堀越高校3年D組の怪


 2010年11月15日、俳優・松平健の妻で元女優の松本友里が自宅で首をつって亡くなった。この不幸により、周囲で囁かれ始めたのが「堀越高校芸能コース3年D組」をめぐる不吉な連鎖。27人のクラスメートのうち、4人が無念の死を遂げているのだ。


 1人目は1986年4月、東京・四谷の芸能プロ「サンミュージック」が入るビルから飛び降り自殺した岡田有希子。当時アイドルとして人気絶頂で18歳の若さだった。この年は、熱狂ファンら若者の後追い自殺が連鎖的に起き、年間自殺者数が急増。「ユッコシンドローム」と呼ばれ、国会で取り上げられるほどの社会問題になっった。

 2人目がミス・セブンティーンコンテスト出身のアイドルで、その後はドラマ女優として活躍した菊地陽子。白血病により、1999年12月に32歳で他界した。

 そして3人目が、2005年11月に急性骨髄性白血病で帰らぬ人となった本田美奈子.。2004年末、開運のため芸名に「.(ドット)」をつけたにもかかわらず、年明けに白血病が明らかに。

 本田が亡くなったあたりから、1980年代アイドルファンの間で3年D組の卒業アルバム写真について、いろいろ噂されるようになった。前述の3人、岡田、本田、菊地らクラスメートの顔写真が2段目に横一列に並んでいるためだ。ネット上では「次は誰か…」といった心ない書き込みもあったが、幸い岡田と本田に挟まれた元「わらべ」の倉沢淳美はオーストラリア人と結婚し、3児の母。ゴールドコーストで専業主婦のかたわら、パン店を営んでいる。

 その一方で、今度は4段目に写っている松本友里が首吊り自殺でこの世を去った。彼女は高校時代、岡田有希子と大親友であった。

 ストレスの多い芸能界とはいえ、元クラスメートが4人も。しかも、うち2人が自殺、2人が白血病…。しかし、不気味な偶然はこれだけではなかった。3段目の高部知子は、「わらべ」で人気を博したがスキャンダル写真が週刊誌に掲載され、レギュラー番組・CM全てを降板。暴露写真を提供した元恋人は自殺している。4段目の1985年度のクラリオンガールに選ばれた宮崎ますみは、2005年に乳がんに罹ってしまった。

 また、同級生以外でも同期である1984年デビュー組まで広げると、可愛かずみ(1997年・飛び降り自殺)、戸川京子(2002年・首吊り自殺)と更に人数が増えていく。これらの“負の連鎖現象”を偶然で片付けるにはためらいを感じるほどの悲愴感がある。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ