暗殺説

 一国の首相が突然亡くなるという事態に、日本中が騒然となった『小渕元首相』の死。脳梗塞による病死であったが、密かに暗殺説が囁かれている。多くの謎を残す政界の“暗部”に迫る!


 2000年4月1日、午後7時52分──党首会談終了後、小渕首相が記者団の前に姿を現した。
「小沢さんは離脱と明確に言ったのか」
 記者の質問に対して、小渕首相の口がパクパク動く……だが言葉は出なかった。そんな状態が10秒近く続いた。記者会見の後、秘書官と首相公邸に向かう途中、小渕首相は、秘書の一人に「左手がない」と意味不明な言葉をつぶやいたという。それから約2時間後の午後10時過ぎ──小渕首相は倒れた。
 小渕首相が体調不良を訴え、夫人が順天堂病院に連絡。病院に運ばれたのは、2日午前1時20分ごろ。報道によれば、秘書が運転するライトバンに小渕首相、千鶴子夫人が同乗したことになっている。しかし、このライトバンには、もう一人警視庁警備(SP)が同乗していた。それにしても、なぜ一国の首相を運ぶ車が“ライトバン”なのか。さらに、その後驚くべき事実が判明する。首相の搬送に使用されたライトバンが“食材運搬車”だったというのだ。
 一国の首相が食材運搬用のライトバンで病院へ運ばれ、さらに“佐藤洋一”なる偽名を使って入院しなければならなかった理由とは何なのか?
 緊急入院の一報が秘書官から青木官房長官に伝わったのは、2日午前2時と言われているが、実際は病院に搬送される時にSPが配置されていたことから、事態をかなり前から把握していた可能性が高い。つまり青木官房長官は、首相の緊急入院を知っていながら公にしなかった。そして、その後の青木官房長官の発言と行動は疑惑をさらに深める結果を招く。会話ができない状態にあった小渕首相から臨時首相代理に任命されたという発言、さらには赤坂プリンス新館の一室における、青木官房長官、村上参院議員会長、森幹事長、野中幹事長代理、亀井政調会長ら5人による“密談”により誕生した森政権……こうした事態を外国メディアは皮肉を込めて「クレムリンのような秘密主義」と報じた。
 こうした秘密主義から生じた疑惑は小渕首相“暗殺説”にまで発展する。
 診療経過を見ると自然に発症したようには見えない。問題は脳梗塞から出血性梗塞になった。つまり溶けた血の塊が血管細胞から漏れ出して止まらない状態になり、容態が急激に悪化した。こういう状態を見るとどうも人工的な薬が予め使われたのではないかと疑いたくなる。
 実は、CIAが暗殺に用いる「F」という薬が存在するという。この「F」は確実に脳梗塞を引き起こす薬で、それが使用された可能性は否定できない。
 さらに「小渕が倒れたのは向島の料亭」という怪文書が流れた。
 4月1日、小渕首相が病気で倒れる直前の夕刻、小渕首相は向島の料亭で数人を相手に“激論”を闘わしていた。登場人物はフィクサー・福本邦夫ほか、複数の右翼関係者、野中幹事長、鈴木宗男総務局長、小沢一郎党首ら数人の政界関係者だった。そしてこの日のテーマは、北朝鮮との国交回復と戦後補償め含めた経済援助だった。この日の“激論”の原因は、北朝鮮への援助が当初予定の5兆円が3兆円アップされ、コメ援助の1兆円も含めて合計8兆円を“主張”する野中、鈴木両者に対して、当初予定通りの5兆円でも多すぎると反対する小渕、小沢両者の“対立”からだった。
 こうしたことから永田町の一部で“小渕緊急入院”は、この“向島の密談ではないか”と噂された。
 額面通り受け取るのは危険だが、偽名による入院と一国の首相を食材運搬車で運んだことを鑑みれば、この怪文書は俄然真実味を帯びてくる。
 4月2日の午前4時ごろ、代議士風の人物を世田谷から小渕首相が入院中の順天堂病院まで乗せたというタクシー運転手の証言がある。運転手によればその客が携帯で向島でどうしたこうしたという話をしていて、「記者に見つからないようにタクシーで来い」というようなことを話していたという。その人物の風貌が2002年10月25日に刺殺された民主党・石井紘基議員に似ていたという。
 石井議員は、5人組の密談により誕生した森政権を批判する急先鋒だった。しかし、2002年10月25日午前10時過ぎ、自宅前で自称右翼・伊藤白水なる人物に刺殺された。
 石井代議士が追求していたのは自民党の大物議員の政治資金問題で、石井議員は週刊誌の記者に「自民党がひっくり返るネタがある」と話していたという。小渕首相の怪死と森政権の誕生までの“黒いプロセス”にその影がちらつく石井議員の存在……彼は、何を告発しようとしていたのか。
 4月1日午前10時ごろ、小渕首相の後を引き継いだ森喜朗の派閥の事務局長が急死している。様々な事情を知る事務局長が急死した夜、小渕首相が脳梗塞で倒れたのは、ただの偶然だろうか? 奇怪な事件と3人の死は全て一本の線で繋がっている──そう思えてならないのである。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ